VCP失効後の救済措置ができた件

VCPが有効期限切れにより失効した場合未取得と同様の扱いになるというのがこれまでの定説でしたが、反発が大きかったのか救済措置ができたようです。

クラウド時代のエンジニア育成 〜VMware 認定資格の更新について〜 | IT価値創造塾

追記 (2016年11月18日)
有効期限が切れてしまった方向けにVCP6-DCV再取得のオプションが2016年10月下旬発表され、vSphere: What’s New [V5.5 to V6] の2日間コースでも前提コースとして満たせることになりました。

詳細はVMware Education and Certification Blog(英語)をご覧ください。

これは朗報。ソースのBlogも見てみます。

Course Option for Expired VCPs - VMware Education and Certification Blog - VMware Blogs

In addition to the option to take the same course as any new candidate, if you have an expired VCP certification, you now have a new option to take a What’s New class to meet the training requirement as well. The What’s New course is available for the DCV track: for example, for VCP6-DCV, you would take the vSphere: What’s New [V5.5 to V6] course.

You still need to pass both the vSphere 6 Foundations exam and the VCP elective exam in order to regain VCP status.

「What's New [V5.5 to V6]」コースを受講した後、vSphere 6 Foundations exam と VCP6-DCV exam を突破すればVCP6として認定されるようです。
コメントを見ると3,4,5等どのバージョンでもVCP-DCV(旧VCP)なら同様のパスで再認定されるようです。

ICMやOASに比べたらwhat's newコースは値段も安く拘束時間も短いので社内調整はしやすいですね。